那須温泉 スグ見つかる人気温泉宿探し!
那須温泉の宿
  週末(土曜日)に泊まれる宿  | 【早いとお得!】夏休みの予約

1位
那須いちやホテル
クチコミ評価:4.7★★★★
那須温泉 (5400円〜
2位
ホテルサンバレー那須
クチコミ評価:4.2★★★★
那須温泉 (10260円〜
3位
ホテルエピナール那須
クチコミ評価:4.4★★★★
那須温泉 (5400円〜
4位
那須の温泉隠れ宿 昔日 オールドデイズ
クチコミ評価:4.8★★★★
那須温泉 (17800円〜
5位
合歓林(ネムリン)オリエンタル
クチコミ評価:4.7★★★★
那須温泉 (8500円〜
6位
恋する二人の露天風呂付お部屋でフルコースの宿 アクアスイート
クチコミ評価:4.5★★★★
那須温泉 (6000円〜
7位
大丸温泉旅館
クチコミ評価:4.8★★★★
那須温泉 (16200円〜
8位
ぬくもりに心なごむ湯宿 星のあかり
クチコミ評価:4.5★★★★
那須温泉 (16740円〜
※人気の宿ランキングは、イサイズじゃらんの情報をAPIにより取得したデーターです。
実際に宿泊された方の評価や宿泊実績を元にじゃらんにより集計されているものです。
那須温泉 全 78 の宿一覧はコチラ



貸切風呂がある宿
部屋で夕食の宿
露天風呂付客室のある宿
天然温泉掛け流しの宿
チェックアウト11時以降の宿
5,000円以下
5,000円〜10,000円
10,000円〜20,000円
20,000円以上
 
 

 
PR
那須温泉について
江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須高原温泉 (那須)
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
大丸温泉 (那須)
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
八幡温泉 (那須)
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
高雄温泉 (那須)
泉質:硫黄泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須湯本温泉 (那須)
泉質:硫黄泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
新那須温泉 (那須)
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
大正村幸乃湯温泉
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須温泉
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
藤和那須ハイランド温泉
泉質:ナトリウム塩化物泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須高湯温泉混合泉
泉質:炭酸水素塩泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須さくら温泉
泉質:ナトリウム塩化物泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須りんどう温泉
泉質:ナトリウム塩化物泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
恵の湯
泉質:炭酸水素塩泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
井王野温泉
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須塩原温泉
泉質:アルカリ単純泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
天原の湯
泉質:ナトリウム塩化物泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
エピナール那須温泉
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須グリーン温泉
泉質:単純温泉

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
柳の湯
泉質:その他

江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」(横綱不在なので2番目の格付け)の称号を与えられていた由緒ある温泉地です。開湯は1370年余り昔。負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在します。
那須高湯温泉
泉質:炭酸水素塩泉

 
栃木県の人気温泉地
 
 
 

≪調査概要≫
- 調査企画・設計者:ディレクト/担当:萩原
- 調査目的:那須温泉の宿泊施設を探しているユーザー向けに、那須温泉の人気宿を分かりやすく掲載する為
- 調査方法:提携しているイサイズじゃらんAPIデーターより人気順データーを取得
じゃらん宿表示API 並び順 「4:じゃらんnet人気順」 を基に、那須温泉の情報を絞り込み掲載しております。
(「じゃらんnet人気順」はじゃらん宿泊実績、クチコミ点数を基に宿の人気度を調査したものです)
※じゃらん宿表示APIとはWEB開発者向けに、イサイズじゃらんで開示しているデータとなります。
- 調査対象地域:日本全国
- 調査対象者:イサイズじゃらん宿泊予約者またはじゃらん会員
- 有効回答数:随時調査
- 調査実施時期:2007年4月16日〜随時調査

上記データを基に那須温泉の宿情報を掲載しております。

 




 
   
那須温泉みんながおすすめの人気旅館紹介サイト。画像およびクチコミ情報はじゃらんの提供です。
Copyright (C) 2017 温泉地別人気宿. All Rights Reserved.